アクセスランキング

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「住宅エコポイント」まとめ



名称だけ聞いたことがありますが、中身や手続きの方法を良く知らなかったので
調べてまとめてみました。備忘録としてのエントリーですので、
噛み砕いた表現が多々あります。正確な情報を知りたい方は
【→住宅エコポイント事業局のHP】をご覧ください。


※今回ご紹介しているのは新築住宅のエコポイント制度についてであり、リフォームの場合はこの限りではありません。



■エコポイント発行対象
平成21年12月8日~22年12月31日までに着手した住宅
(ただし平成22年1月28日以降に工事が完了したものに限る)
で、次の①又は②に該当するもの。

①省エネ法のトップランナー基準(住宅建築主の判断基準)相当の住宅。
②省エネ基準(平成11年基準)を満たす木造住宅

※ポイントの申請には、基準を満たすことを証明する為の登録住宅性能評価機関等の第三者評価が必要。

「何これ難しい…」と思った人は私の仲間!
つまりどういうことかと言うと…
木造住宅の場合、窓や外壁などの断熱性能を定めた基準をクリアする必要があり、木造住宅以外では木造住宅よりワンランク上の省エネ性能が求められるらしいのです。





②発行されるポイント数
一律30万ポイント

1ポイント=1円相当で商品や商品券などと交換できます。ちなみに交換期限は平成25年3月31日までです。




③手続きの手順
必要書類を用意して、全国の申請窓口に持参するか、または住宅エコポイント事業局に郵送する。
申請は基本的に施主が行うが、代理申請も可能。

代理申請をする場合は代理申請者の本人確認が出来る書類が必要になります。



④必要な書類
申請に必要な書類は次の4種類で、本人書類以外は大体施工を担当する事業者が用意する。

【エコポイント対象住宅申請書】
文面は住宅エコポイント事業局のHP(http://jutaku.eco-points.jp/)からダウンロードできる

【第三者機関が発行する対象住宅証明書】
木造住宅の場合(1)~(7)のいずれか。コピー可。
(1)設計住宅性能評価書(省エネルギー対策等級4に該当するもの)
(2)建設住宅性能評価書(省エネルギー対策等級4に該当するもの)
(3)長期優良住宅建築等計画認定通知書
(4)長期優良住宅建築等計画に係る技術的審査適合証
(5)住宅事業建築主基準に係る適合証
(6)フラット35S適合証明書
(7)エコポイント対象住宅証明書

【工事が行われたことを証明する書類】
施工業者が発行する工事証明書に加えて、領収書の写しや工事現場の写真など

【申請者の本人書類】
運転免許証、健康保険証+公共料金領収書等の写し等



⑤留意しておきたい点
・政府の定める予算額に達した時点でポイント発行が終了になる可能性がある。
・「即時交換」として、発行されたエコポイントを追加工事の費用に利用することもできる。




自分で全部しようとするとかなり困難に思えますが、
施工業者の担当者に協力してもらえればなんとかなりそうです。

ちなみにこれらは2010年5月現在の情報です。
詳しくは住宅エコポイント事業局のHP(http://jutaku.eco-points.jp/)でご確認ください!
スポンサーサイト




にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅へ ご訪問ありがとうございます<(_ _)>
「次回も更新がんばれ!」と思った方、応援クリックお願いします❤ 







テーマ:家づくりブログ - ジャンル:ライフ

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

ゴマシオ

Author:ゴマシオ
注文住宅(住友不動産のJアーバン)を建てることを決意してから入居後までの記録です。これから家を建てる人の参考になればと大胆に(?)全貌&詳細を紹介していきます。


更新お尻叩きボタンです。
見たよの合図にぽちっとお願いします。

参加コミュニティ

→MY HOME!!
メンバー募集中です❤

地球の名言



presented by 地球の名言

家ブログRANKING

にほんブログ村 住まいブログへ8685人参加中!
人気ブログランキングへ0237人参加中!
3844人参加中!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 住友不動産へ0022人参加中!

おうちアルバム

PR

訪問者数

TOTAL
and NOW

Thank you for your visit!!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。